ゲーム制作でのコミュニケーションの難しさ

ゲームに興味がある人にとって、ゲームクリエイターになるのは大きな夢です。フリーランスとして念願の仕事に就いて、開発エンジニアとして活躍するのも働き方です。しかし、実際の開発現場で仕事を始めてみると、戸惑う事も多々あります。例えば、ゲーム業界は個性的なクリエイターが多い傾向にあります。独特な価値観を持っていて、近寄り難い雰囲気を持ったエンジニアも中にはいるでしょう。

フリーランスとして参加したゲーム制作の現場で、そのような人たちとコミュニケーションを取るのは大変です。こうしたゲーム制作現場でのコミュニケーションの難しさが、ゲーム開発の仕事ではデメリットです。しかし、常識に捉われず相手の価値観を認めてみると、職場での関係作りがスムーズにいきます。また、個性的な人と仕事で付き合ってみると、新しい世界に触れることができて刺激があるため退屈しません。

フリーランスのゲームエンジニアとして各ゲーム制作の現場を渡り歩いていると、世の中には多様な個性を持った人たちがいるのが分かります。世間では滅多に会えないような人に出会える面白さから、ゲーム開発の仕事に魅力を感じている技術者も多いです。ゲームの制作現場で出会ったクリエイターたちとの人脈は、その後の開発の仕事にもつながります。思わぬところから条件の良い開発の仕事が舞い込んでくるケースもあって、職場ではできるだけ多くのクリエイターと接して人脈を広げるのが、仕事の成功の秘訣です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です